中野市とは?

中野市について

平成17年4月1日に中野市と豊田村が合併して誕生した新「中野市」は、長野県の北東部に位置し、県都長野市からは鉄道で約30分から40分で結ばれています。

北は飯山市、木島平村、東は山ノ内町、南は長野市、小布施町、高山村、西は飯綱町に隣接しています。また、斑尾山、高社山など象徴的な山々を背景として、千曲川、夜間瀬川などが形成した河岸段丘や扇状地、穏やかな傾斜地に集落が発達しています。

面積は、東西約11km、南北16kmで、合計面積は112.18平方キロメートル。

気温は年間差が大きく、夏季は30℃以上、冬季は-10℃以下となる内陸性気候です。

産業は農業がさかんで、リンゴやブドウの栽培では全国でも有数の品質と生産量を誇っています。早くからエノキダケの栽培に取り組み、キノコや果樹、野菜、花きの施設栽培の先進地としても知られています。


借りる

賃貸物件検索

沿線から探す
エリアから探す
  • 画像リンク

    ☆Instagram始めました☆

  • 画像リンク

    信州消防団員応援ショップ☆初期費用¥5,000OFF

  • 画像リンク

    子育て家庭優待パスポート★初期費用¥5,000OFF

  • 画像リンク

    ❤ 信州中野店ブログ

  • 画像リンク

    ✿【SUUMO】信州中野店

  • 画像リンク

    ✲【HOME’S】信州中野店

  • 画像リンク

    ✹【at home】信州中野店

  • 画像リンク

    ✺【マイナビ賃貸】

オーナー・法人の方へ